プログラム概要

申請資格

  • 理学系研究科各専攻、工学系研究科物理工学専攻のいずれかの専攻に所属する者
  • 広い意味での光科学研究の分野で博士の学位を取得しようとする者
    • 科学の社会・産業応用に関心を持ち、積極的にそれらを学修する意欲のある
    • 本プログラムの趣旨、履修要件等のルールを十分に理解し、本プログラムに関わる活動等に協力する者
    • 上記いずれかの専攻の博士後期課程に進学することを目指す者
    • 日本学術振興会(JSPS)特別研究員に応募し、採択された場合にも本プログラムに引き続き在籍を続けることを確約する者
    • 海外派遣やJSPS若手研究者海外挑戦プログラムに積極的に応募する意欲のある者

採用期間

4月に修士課程に入学した学生は、修士1年次の10月からコース生に採用されます。

修士2年次の1~2月に博士後期課程進学後の研究計画書の提出及びその内容に関する口頭試問を含めた資格試験(QE)を行い、博士後期課程で引き続きプログラム履修が許可される学生を選抜します。

選抜された学生は、博士後期課程3年次の夏頃に研究成果の報告書の提出及びその内容に関する口頭試問を含めた最終試験(FE)を受けて、試験に合格した場合はコース認定が行われます。その後に課程博士の学位を取得した場合に本コースが修了します。早期修了の場合にも、学位を取得した時点でコース認定が終了していれば、博士の学位取得とともに本コースが修了します。

※9月入学の場合は、修士1年次の4月からコース生に採用され、修士2年次の夏頃にQE、博士後期課程3年次の1~2月にFEを受けます。


プログラムの修了要件


必修となるコースワーク

修士課程修了までに、「先端光科学(CORAL)実験実習I・II」の中から1単位の履修が義務付けられます。 さらに、博士後期課程1年次が終了するまでに、「最先端光科学講義」の中から6単位の履修(うち2単位以上は他専攻(所属専攻と「理学系研究科共通」以外)の専門科目を履修すること)が義務付けられます。

副指導教員との面談

本プログラムでは、指導教員に加えて、副指導教員を選定します。半年ごとに副指導教員への研究進捗報告を行い、副指導教員の署名入りの研究進捗報告書を理学系研究科学務課国際卓越大学院事務局に提出します。

副指導教員となることができる教員はこちらを参照してください。

博士後期課程における必修項目

博士後期課程1年次及び2年次の間に以下の3つの項目のうち、いずれかに参加することをコース修了の要件とします。

  • 海外派遣
  • 企業インターンシップ

  • 国内外他大学等での共同研究推進

いずれの場合も、事前に申請し、審査を経て認められた場合にのみ参加が可能となります。